統合医療とうつ病

スポンサードリンク

うつ病は、最近多い病気で、新しいタイプ、ディスティミア(ディスチミア)親和型といった聞きなれないものも話題になっています。
うつ病は、生きる意欲を喪失し、憂うつ感や興味、関心が低下するなどの精神的な症状や、食欲不振や不眠、倦怠感などの身体的な症状がでて、自殺をする人もいるほど深刻な病気です。
代替治療では「なぜうつ病になったか」という原因を追究し取り除くといった治療していきます。

うつ病の西洋医学的治療

うつ病は「こころの病気」から、「脳の病気」として捉えられるようになり、脳で分泌される原因物質を抑える薬で症状を緩和する治療も行われています。
治る確率の高い病気ですが、精神科や心療内科では投薬中心です。
治療では、憂うつ症状に抗うつ剤、不眠の症状があれば睡眠薬、不安には抗不安薬というように症状に応じて、薬の種類は増えていきます。
うつ病の原因に、偏食や不規則な生活習慣、脳に栄養不足が関係する場合があります。
投薬治療で症状は緩和しますが、原因を取り除くことはできません。

統合医療と睡眠

忙しさやストレスなどで十分な睡眠が出来ない睡眠不足の人が多くなっています。
睡眠不足で、手足が震える、幻覚などの異常症状が出ることがあります。
体の免疫力や自然治癒力が低下し、病気にかかりやすくなります。
睡眠不足が食べすぎや肥満の原因になることが明らかになっています。
睡眠分断よって高血圧や高脂血症など生活習慣病につながる危険も指摘されています。
様々な代替医療の中に睡眠療法があります。
催眠療法とも呼ばれ、睡眠中の潜在意識に働きかけて病気を治療する方法です。
アメリカでは医療行為の一つとして認められており、がん治療でも用いられています。
心の治療法として再認識されています。

スポンサードリンク

統合医療とストレス

ストレスと生活習慣病や胃潰瘍、十二指腸肝炎等の関係は知られています。
癌(がん)もストレスによる免疫異常が関係しているそうです。
過度なストレスはホルモンバランスを崩し、過食原因になり、脂肪増大や高血圧を引き起こします。
特定の病気に分類できない体の不調を起こすこともあります。
ストレス社会では、ストレスを発散し、溜め込まない努力が必要です。
代替医療は、自然治癒力や免疫力を高めることを基本としています。



★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。

☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いた