縮毛矯正のメリットとデメリット

スポンサードリンク

縮毛矯正にはメリットとデメリットがありますが、縮毛矯正をするとイライラすることも無くなるし、スタイリングの時間も大幅に短縮することができます。
【メリット】
・縮毛矯正した箇所は半永久的にストレートのまま
・外見が若々しく見えるようになる
・スタイリングに時間をかけなくても大丈夫になる
・髪の毛に艶がでる
・さらさらになる
・雨の日でも広がったりしない
【デメリット(但し、美容師の技術力で相違はあります)】
・ダメージを受けやすい(切れ毛や抜け毛など)
・新しく生えてきた髪の毛と部分的に差が出てしまう
・使用する薬剤によっては髪の毛のクセが強くなる場合がある
・髪の毛がストレートになりすぎて不自然になる場合がある。
・髪の毛がぺたっとしてしまう場合がある
・費用が比較的高い
・施術時間が長い
メリットはなんと言っても手入れの楽さではないでしょうか。

縮毛矯正を失敗しないためには!

縮毛矯正をするとなると失敗しないか、どんなふうになるのかとかなり不安になったりしますよね初めての時は。
縮毛矯正を失敗しないために重要なことは、美容院選びさらに美容師選びだと思います。
美容師の技術力で失敗の有無が決まると思います。
ネットなどの口コミでいい情報を仕入れたりするのもいい方法です。
最初から縮毛矯正だと心配という人はまずカットやカラーなど一回試しに行って店の雰囲気や実際縮毛矯正をしている人がいるかどうかなどリサーチするのもよいと思います。
また、施術前にしっかりカウンセリングをしてくれるところも重要です。
作業自体は時間がかかるので何人かに分担して行いたいという美容院側の理由もわかりますが、できれば1行程1人というふうにしている美容院を見つけるのがいいと思います。
また、自信がある美容院だとアフターケアが万全のところがあります。そういうところも選ぶ判断基準になると思います。
しっかりリサーチして失敗しないようにしてくださいね。

縮毛矯正とは!

縮毛矯正とはどういうものでしょうか?
くせ毛の人の髪の毛穴はいびつな形なので髪の毛が伸びてくるとねじれたり、うねったりしてくせ毛になります。
縮毛矯正は、くせ毛などの「縮毛」を「矯正」して真っ直ぐなストレートにする事です。
でも縮毛矯正はストレートパーマとは違います。
縮毛矯正とは簡単に説明すれば、縮毛を薬剤と熱で一度溶かし、アイロンなどを使ってまっすぐにし、再度薬剤と熱で固めるというものです。

縮毛矯正の種類

美容院で行う縮毛矯正には種類があり「ブロー法」と呼ばれるドライヤーのブローでくせ毛を伸ばす方法の種類と「アイロン法」と呼ばれるアイロンの熱を利用してクセを伸ばす方法の種類の二つに大きく分けられると思います。
縮毛矯正用シャンプーは、自宅で手軽にできるメリットがあります。しかし、くせ毛を扱いやすくするためにはこのシャンプーを使うのがいいとは思いますが即効性を求めるなら美容院に行くことをおすすめします。
アイロンを使う方は頑固なくせ毛向け、ドライヤーは自然な感じを出すことができます。
しかし、自然・不自然は技術者の腕次第と言った方がいいと思います。



ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

縮毛矯正を長持ちさせるためには!

縮毛矯正した後の注意点、長持ちさせるためには
縮毛矯正をした後、ケアをするのとしないのとでは持続する期間が断然に違います。
効果を持続させるのは金銭的にも髪の毛の負担的にも大切です。
トリートメントを毎日するのは効果的です。
髪の毛を乾かすときにはマイナスイオンドライヤーなどを使い髪の毛をいたわる。
髪の毛を結び続けたり、帽子をかぶったりして痕をつけないようにする。
施術後1日間は、まっすぐな髪の毛を固定させるため、髪の毛を洗わないようにする。



☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。
★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。