マタニティヨガでブルーに勝つ

スポンサードリンク

マタニティヨガが妊婦さんにお勧めです。
妊娠中はむろん、激しい運動などはよくありませんが、必要以上に運動不足になることが多いのです。
マタニティヨガは妊婦さん向けにアレンジしているので、無理なく続ける事が出来ます。
ヨガの呼吸法によって出産やいきみを行い易くすると言われています。
また出産に必要な筋肉やスタミナ鍛えてくれる効果や、心のリラックス効果もあります。
マタニティスイミングや、ヨガを行う、クリニックや産婦人科も増えてきています。
マタニティヨガ教室は、主に妊娠15週以上の安定期に入ったママが対象です。
自律神経への働きかけを通して、お産に必要なホルモンの調節が整えられて、妊娠中によくある肩こりや腰痛などにも効果があります。

マタニティの運動

マタニティービクスとは、マタニティの為の、有酸素運動を意味します。
妊娠時に生じやすい体重増加や腰痛、便秘、肩こりなどの症状を緩和する効果があります。
体重の増加を防ぐ事によって、妊娠線を出来にくくしたりする事も可能です。
また、妊娠中毒症、下肢静脈瘤、腰痛、便秘などの予防とその治療にも大変優れています。

マタニティのつわり

マタニティ期間のつわり症状の期間や程度には個人差があります。
一般的には朝起きてすぐのお腹が空いた時に、最も症状が出ると言われています。
通常は12〜16週目位で治まるのですが、臨月まで続いてしまう事もあり、半年以上もつわりと付き合わなければならないという人もいます。
マタニティのつわりのおもな症状には以下の様なものがあります。
・匂いに対して敏感になる ・好きだった食べ物が苦手になってしまう
・胃がムカムカして吐き気が止まらない  ・頭痛がする ・常に眠い

マタニティヨガ経験者の声

ジュリア・ロバーツやマドンナ、ジェニファー・ロペスなども美容にヨガを取り入れているみたいです。
マタニティヨガは、身体を柔らかくし、筋力を増強するので出産を楽にする事が可能です。
妊娠中の体重増加は8Kg迄が理想です。
太ると脂肪が貯まって、産道も狭くなって難産の原因になってしまうからです。
「経験者の声」
ヨガでは呼吸法を重要視している為、陣痛の時にとても役に立ちリラックスした状態で分娩に臨めたという方も多いようです。
「マタニティヨガを取り入れる事により、お産をイメージだけではなくて体でとらえ、腹式呼吸で陣痛を上手くコントロール出来る人が多くなった」とのことです。



ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

マタニティブルー

マタニティブルーという言葉を良く耳にします。
産後の疲れで、女性ホルモンの分泌が減少し、自分ではどうしようもない変化が体内で起き憂鬱で暗い気分になる様です。
分娩や慣れない育児での疲れや睡眠不足、家でひとり育児に取り組むという不安や孤独感などのストレスで感情が不安定になります。
妊娠中にマタニティブルーを経験する人も結構多いようでうす。
主な症状として、眠れなかったり、悲しくないのに突然涙が出てきたり、食欲が無かったり、イライラしたりといったものがあり、鬱病へと移行してしまう場合もあります。



☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。
★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。