小顔になる方法で効果が現れない

スポンサードリンク

小顔になるための方法として、整体での矯正、ボトックス、脂肪吸引、カーボメッド炭酸ガス注入やエラを削るといった施術と手術によるものがあります。
小顔体操、小顔マッサージ、小顔エクササイズ、小顔ダイエットなどたくさんの方法にトライしたけど、期待した効果が得られないこともあるでしょう。
ローラーなどのアイテムを使用して小顔にしようとしたり、小顔に見せるためのメイク術や髪型作りなどテクニックを駆使する方も多いでしょう。
でも継続することが苦手な人やできるだけ早く小顔を手に入れたい人は、施術や手術の力を借りて目標を達成するのでは?
どんな場合にどういった方法を選べばいいのでしょうか。

整体で小顔矯正

小顔にする方法として整体による矯正というやり方があります。
顔と頭にある骨は、15種類で23個の骨が存在し関節によってつながれて、これに筋肉がついています。
この寄木細工のような骨組みのバランスが崩れると顔が歪んでしまったり、たるんでしまったりしてしまいます。骨と筋肉のバランスの調整が小顔の矯正という点で有効なわけです。
矯正は大体1〜2時間で終了し痛くはないです。
費用がややかさむ点が痛いところでしょうか。
矯正により、脂肪がつきにくくなる、むくみが減り疲労が改善、血行がよくなり頭痛が低減といった効果の報告もあります。
ただし、矯正は1回ではすぐに元に戻ってしまう可能性もあります。
原因を探り改善することも大切です。

小顔にボトックスや炭酸ガス

小顔にするための施術としてはボトックスという方法があります。
ボトックスは、表情筋に対して効果がある働きをします。
アゴ付近の咬筋が発達することで「えら」がはり顔を大きく見せてしまいますが、ボツリヌス菌の毒素でこの咬筋の動きを抑制させる作用を利用します。
注射が一般的で施術時間は10〜20分程度、術後は化粧をしても大丈夫です。
効果は、2週間〜1ヶ月位かけて徐々に現れますが、この効果は永遠に続くわけではなく、小顔を維持するためにボトックスを使うのであれば適度な期間で施術が必要ということになります。
カーボメッド炭酸ガス注入をして二重アゴやたるみ解消をする方法もあります。
炭酸ガスを注入すると、有酸素運動状態のように細胞の新陳代謝が高まり脂肪を燃焼させる作用があることです。
安全に、早く、痛みもあまり感じないで脂肪除去ができるので人気があります。

小顔になるためにエラを削る?

エラが張っている原因は、脂肪、咬筋、下アゴの骨によるものがあります。
下アゴの骨が原因の場合はエラを削る手術が有効かと思います。
小顔を妨げている原因が脂肪の場合、解消方法として脂肪吸引があります。
整形手術のひとつですが、細い金属管で皮下脂肪を吸引する方法になります。
耳の後ろなどの顔の目立たない場所にメスを入れ小さく傷をつけて行います。
手術時間は比較的短いのですが術後、腫れる、むくむといったことがありますので術後1週間ほど元に戻る期間を考えればいいと思います。
しかし、脂肪を取りすぎるとバランスをくずしますので注意が必要です。
どういった手術方法を受けるかは、本人の意思とエラの状態によって変わってきますので経験が豊富な医師とよく相談をするようにしましょう。


カスタム検索


ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

顔のタイプで小顔になる方法は違う

小顔になりたいと思っても同じ方法を行っても効果がでない人もいます。
顔が太っている場合でも原因はさまざまなので小顔にする方法もケースバイケースです。
顔の太り方は、固太りタイプ、たるみタイプ、顔の骨格が歪んでしまっているタイプ、むくみタイプや脂肪太りタイプなどいくつかの部類に分類されます。
間違った方法を選び、効果が得られず止めてしまうことも少なくないのです。
自分がどのタイプに分類されるか分かった上で、小顔対策を考えていくようにすることが小顔への近道だと思います。



☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。
★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。