小顔に見せる

スポンサードリンク

小顔にするためには体操やマッサージなどで実際に顔を小さくする方法と、メイクやヘアスタイルを工夫して小顔に見せる方法とがあります。
髪型は耳にかけたり、分け目を変えたり、巻いてみたりなどちょっといつもと変えるだけでも印象が違って見えるものです。
丸顔の人は自分の丸さを隠そうとしてロングヘアにする人も多いと思いますが、逆効果になることがあります。
卵形の人は、髪に軽さをだしてボリュームを持たせることが効果的です。
顔の形によって小顔に見せる方法は違いますので美容院で相談してみるといいでしょう。

髪形で小顔に見せる

小顔に見せる工夫として髪形があると思います。
丸顔の人やエラが張っている人は頬の部分を髪の毛をおろして隠すことで顔がほっそりと見えるようになります。
でも髪のボリュームを生かし顔の輪郭をシャープに見せるのが良い人、逆にアップにして顔を出さないと髪の量が多くて頭でっかちに見えてしまうタイプなど様々です。
前髪を厚く下ろすと額が隠れ、頬の膨らんだ部分に視線が行ってしまいます。
逆に前髪を薄くするとサイドにある髪の毛のボリュームによっては膨らんで見えてしまいます。
額を広く見せると顔が縦長に見え小顔効果にやや期待できそうです。
髪を耳にかけると顔全体が露出して、顔の輪郭がはっきりします。
顔の形など個人差があり難しい面もありますが、自分がどんなタイプかは実際に試して把握するといいと思います。

小顔に見える化粧方法

小顔に見せる方法にはメイク術もありますね。
これには基礎化粧品で保湿するといったことも大切になります。
リキッドファンデーションは、顔の陰影を付ける効果に優れ使い易いでしょう。
アゴの部分の色を工夫する、アイメイクで目を大きく見せることで目に視線が集中させるといったテクニックで小顔に見えるようにできます。
小顔のメイク術は立体感が勝負です。

小顔を意識するということ

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどで代謝が悪くなることが小顔から遠ざかる原因となります。
顔だけでなく脚や手などの皮膚の下に水分が貯まりやすくなってしまいます。新陳代謝が悪く水がたまり皮膚が伸びると、肌トラブルの原因にもなります。ブルドッグ顔はいただけません。
また痩せていてもどこかハリがなく貧相に見えるのもイヤですね。
すっきりとしたフェイスラインと健康的な体を手に入れることができたらいいですよね。



ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

小顔になるための基礎知識

小顔になるための基礎的な知識として正しい姿勢と小顔とは深い関係性があることが分かっています。
体を前に曲げたり片方に重心を置いたりしている姿勢が多いために、背骨が曲がってしまったり首が前に出てしまったり横にずれたりしてしまいがちになります。体が歪んでくると血行が悪くなり肩凝りや頭痛、腰痛を引き起こしたり肌がたるんだりむくんだりして体や顔を老けさせてしまう原因になってしまいます。



☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。
★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。