小顔マッサージの効果

スポンサードリンク

小顔になりたい、顔が大きく見えると悩んでいる人は「むくみ」「たるみ」などが原因もことが多いのではないかと思います。これは顔に老廃物が溜まっているために起こっている現象です。
寝不足の時、体がだるかったり、代謝が上がらず冷える場合もあるし、肩や背中が凝ると血の巡りが悪く、顔も凝ったりむくむ、たるむといった感じになる場合があると思います。
ぷくっとした感じは、顔が疲れている、顔が凝っているからかも知れません。
目が疲れる、肩が凝ることが多い人は顔も凝っていると疑っていいと思います。
代謝が低下したところに要因がつみ重なると「たるみ」を生じます。
新陳代謝の低下は皮下に余分な水分を貯め冷えることにより脂肪がつきやすくさせます。でも諦めたら、たるみ顔のままです。
代謝機能を高め、新陳代謝を向上させるには、顔に溜まった老廃物を排出させる顔のリンパマッサージが効果的です。

顔痩せして小顔に

小顔になるための基礎知識として顔痩せについて知っておくことも大切です。
体型を痩せさせるための全身ダイエットと異なる点も同じ点もあったりします。
ダイエットの敵である余分な肉はあまり動かさない部分に対してつきます。
顔の筋肉と言うのもあまり動かさない部類に入ります。
顔を痩せさせるためには顔の筋肉を動かして鍛えていくような感じの運動やマッサージが必要になるということになります。
ダイエットをして顔痩せを実現させるためには、エクササイズやマッサージをして筋肉を鍛えたり、老廃物を流したりすることが大切です。
トリートメントクリームなどで老廃物などを排出した後にエクササイズを行うと相乗効果で小顔効果が得られる可能性が高いといえます。
ローラーや超音波で肌に刺激を与え血流もよくすることも効果があります。
年齢を重ねていくとヒアルロン酸やコラーゲンなど肌の弾力、ハリに欠かせない物質が体内から減少してしまいます。
間違った方法で顔痩せをして、貧相になってしまうことも少なくないのです。
自分の特性を知って小顔対策を考えていくことが小顔への近道だと思います。
その道の先達の技を知ってから自分で試すのもよいかもしれません。

小顔になるために表情筋を知ろう!

表情筋は、皮膚と骨とを繋ぎ合わせ顔の表情を作り出す働きをしています。
表情筋はよく使っているイメージですが役3割程度しか使われていないことが多く、筋肉が衰えるのも早くたるみなどの原因になるとも言えます。
加年により表情筋は固くなり、緩んでしまったりします。
噛む行為が少なくなるとアゴも使わないのでたるんできてしまいます。
顔の輪郭を崩し、二重あごの原因にもなります。
二重アゴの解消に体操でフェイスラインをすっきりさせることも大切でしょう。
しっかりと噛むことで筋肉のバランスを取りながら鍛える効果があります。
ゆっくり声に出しながら口を大きく開けて発音するといった小顔体操なども日常的に表情筋を鍛えるにはよいと思います。
ゲームを使って表情筋を鍛えるのも楽しみながらやれ持続には良い手かも。
小顔エクササイズや小顔体操などで鍛えれば小顔にもなれると思います。

小顔作りには頭皮とデコルテもマッサージ

小顔を目指している人は首周りとデコルテの部分のマッサージも心がけたいものです。首の付け根部分はリンパが集まっていて、老廃物が溜まりやすい場所になっています。血液の循環がよくなって代謝もあがるということになります。
頭皮というのもコリが溜まりやすい場所で小顔マッサージはデコルテも頭皮も合わせて行うといいでしょう。おでこのシワ予防にもなるしすっきりします。
たるみやむくみなどの基礎知識を頭に入れた状態で、小顔ダイエットなどに取り組めば予想以上に効果を得ることができる可能性が高いと思います。


カスタム検索


ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

小顔マッサージと小顔体操

小顔マッサージとは顔にあるリンパを刺激し滞っているリンパの流れを解消してむくみやたるみを改善させ小顔を目指すマッサージ方法です。
小顔体操とは顔の筋肉を鍛えて小顔を目指すいわば顔の筋トレです。
顔の筋肉は無意識に使っていますが、意識して使えば鍛えられる筋肉なのです。
顔の筋肉を鍛えることでフェイスラインがすっきりしてくると思います。
小顔体操とマッサージでは違いますが組み合せて小顔を目指すのも効果的です。



☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。
★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。