徐脈性不整脈って怖いもの?

スポンサードリンク

 不整脈の中で怖いものに、徐脈性不整脈がありますが、房室ブロック、脚ブロックについてみてみます。アダムス・ストロークス症候群についての気になる情報もお届けします。
「ヒト」安静時の脈拍は、1分間に、50〜100拍程度です。
不整脈という場合、この正常な脈拍を下まわる場合の「徐脈性不整脈」と、多い場合の「頻脈性不整脈」、」および、心拍異常を伴わない不整脈の3つに分類されます。
徐脈性不整脈にはいくつかのタイプがありますが注意が必要なものとして
1.房室ブロック
2.脚ブロック(きゃくぶろっく)
があります。
アダムス・ストロークス症候群の診断と治療
診断は、ホルター心電計による心電図検査によっておこないます。発作が起こったときや、運動をして関係のある不整脈を故意的に起こして、調べます。
アダムス・ストロークス症候群の原因が、心室の停止である場合は、「ペースメーカー」を胸に植え込みます。
心室細動などの不整脈の場合は、電気ショックをかけて正常なリズムを取り戻します。そのあと、予防的治療として、「抗不整脈薬」を用います

房室ブロック

 房室ブロックでは、心臓のなかで刺激伝達がうまくいかず、心房から心室への伝道経路が障害されています。房室ブロックは、リウマチやウィルスなどによる心筋炎、心筋梗塞、および特発性心筋症などでみられます。
房室ブロックはその程度によって、3段階に分かれます:
1度・・・ほとんど症状がみられず、心電図をとってはじめて発見される程度です。
2度・・・脈がときどき抜け、動悸を感じるようになります。場合によっては、数秒以上、心臓がとまってしまい、アダムス・ストロークス症候群を起こすこともあります。
3度・・・心拍数がひどい場合30代にまで減ります。徐脈や心停止を起こしやすくなり、アダムス・ストロークス症候群の発作を起こす人も半数程度になります。

脚ブロック

脚ブロックといっても足には無関係で心臓に関するもの。
心臓は、心臓自身が「刺激」を発生し、それが心臓全体に伝えられることによって収縮と拡張を繰り返します。
脚ブロックとは、不整脈のタイプのひとつで、心房の筋肉の一部洞結節で発生した刺激が、房室結節から左右の心室に分かれたあとに伝道障害が生じたときにおこります。
脚ブロックの治療
1.基礎となる心臓病なしの場合・・・脈拍リズムが安定していて、基礎となる心臓疾患がない場合には、治療の必要はほとんどありません。定期的に検査を受け、症状に変化がないことを確認したほうがよいでしょう。
2.基礎となる心臓病ありの場合・・・基礎となる心臓病の治療が中心となります。この際、治療による副作用に注意を要します。
3.リズムが不安定で徐脈や心停止が生じる場合・・・人工ペースメーカーを胸に植え込み、規則的な電気刺激を人工的に心臓に送り、心臓の動きを整える治療法がとられます。

アダムス・ストロークス症候群への対応

 突然、意識を失い、痙攣を起こす病気に、「アダムス・ストロークス症候群」があります。アダムス・ストロークス症候群は、心臓の異常が原因で心臓の動きがとまってしまったときに、心臓から脳へ血液が送られ