隠れ不眠症も含め、即効対策は?

スポンサードリンク

隠れ不眠症の人はたくさんいる?
不眠症とは、睡眠障害の一種で慢性的に熟睡できなかったり、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、朝までに何回も目が覚めたりするような症状が続いていることを指します。ちゃんと毎日寝ているのに、昼間眠いとかダルいとか感じたことはありませんか?
これは不眠症のひとつだと思われますので、体の疲れも取れないし、脳も休まらないまま睡眠を取っている状態になります。

不眠症の種類と原因

不眠症にはさまざまな種類があり、原因もさまざまです。
体調不良が原因、無呼吸症候群、環境の変化、精神的な疾患、ストレスなどあげられます。
病気が原因となっている場合もありますが、精神的なストレス・緊張が原因となっていることが多いと思います。なぜそういう状態になるかというと交感神経の関係だと思います。交感神経と言うのは脳や体を働かせるために活発に動きます。逆に夜は脳や体を休ませるために副交感神経が活発に動きます。
昼間、働きすぎたり運動しすぎたりすると交感神経が興奮してしまい、休めなくなってしまって副交感神経に働きを変えることができず、眠りを妨げる原因となってしまうのです。
交感神経が働きすぎてしまう原因は主にストレスだと言うことです。また、カフェインも交感神経を強制的に働かせる作用がありますので、不眠症?と感じている方はできればカフェインなどは極力摂取しない方がいいと思います。

不眠症の原因と対策

不眠症になってしまう原因は、運動不足や寝すぎの場合もあります。脳が興奮状態にあると交感神経が活発化してなかなか眠れなくことがあります。大事なことは、脳を充分に休ませるために脳にもオンオフを切り替えさせるということです。その為にはリラックスすることが重要だと思います。趣味に没頭するといった好きな事をしたり、別項で述べた即効性のあるリラックス法などがあると思います。これで自律神経のバランスが整えられ、副交感神経が活発化してくると思います。副交感神経が活発化してくると休む方向に体や脳が向いてくるので、自然と眠れるようになってくると思います。また、適度な運動も、体を適度に疲れさせるのも不眠症対策に効果があると思います。
暑すぎたり寒すぎたりすることが原因であれば温度調節をしてみる。明るすぎるのであれば遮光カーテンを使用するなど光の調節をしてみる。
不眠症の原因になっていそうな事を排除していくようにしましょう。
不眠症対策ですが・・・・
大きく分類してふたつの方法があると思います。
ひとつは「眠れるようになる」ために前述した対策方法、これはとりあえずの対処方法ですが、うまく行くと完治にも繋がってきます。
もうひとつは「不眠症の完治」という根本的に治療する方法です。病院で不眠症に対する治療を受けたり、精神的に落ち着かせるように自律神経のバランスを整えるようにしたり、根本的に治していくようにしていく方法です。下アゴがずれと不眠症とが関係していることもあるようです。

不眠症対策・即効性のあるのは?

即効性がある対策方法をご紹介してみます。
・枕を抱えることによりお腹の辺りに安心感が出てくるので眠れる可能性があります。
・ホットミルクなど温かい飲み物を摂取することも効果があります。くれぐれもカフェイン入りのものは摂取しないようにしましょう。お風呂に入って体を温めるのもいいと思いますが、寝る直前というのは逆効果です。
・適度に運動をして体を疲れさせることも効果的ですが、注意点はほどほどに運動し、やりすぎは厳禁という点です。
上記のような事を実行すると効果があるようですが、もちろん効果には個人差がありますので、自分にあった対策法を見つけるようにしましょう。



ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

不眠症対策には足ツボマッサージ

不眠症対策として体を温めたり、リラックスしたりすることが効果的であると言われています。足ツボマッサージなどは、この両方を兼ね備えている方法として有効です。
また、対策としては足ツボの他にアロマもあります。
アロマの香りにはリラックスやストレスを和らげたりする作用や、精油独自の作用があり、芳香浴など香りを嗅ぐだけで脳に働きかける作用があります。



★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。

☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。