不眠症には種類がある

スポンサードリンク

不眠症にはさまざまな種類があります。病気が原因となっている場合もありますが、精神的なストレス・緊張が原因となっているものが多いこともあると思います。
【入眠障害、入眠困難】
不眠症の中でも一番多くの人が悩んでいる症状で、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、全く眠れなかったりする症状です。寝つきが悪いですが、一度寝てしまうと朝まで起きないという場合もあるようです。
【熟眠障害】
このタイプというのは、寝つきは悪くは無いのですが、眠りが浅いために熟睡ができません。睡眠時間は長時間でも目覚めも悪く疲れが取れにくいのが特徴かと思います。
【中途覚醒】
夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。トイレ以外で、必要がないのに目が何度も覚めてしまうので、逆に疲れてしまうといった症状が挙げられます。
【早朝覚性】
朝、予定時間よりもかなり早く起きてしまい二度寝ができない状態です。特に寝付きも悪くなく、熟睡もしているが長時間眠れないタイプです。

不眠症の原因とは?(早期対策が必要なもの)

不眠症というのは辛いものだと思います。
その不眠症の原因にはどんなものが?
【体調不良が原因】
風邪など熱があるときや、「むずむず脚症候群」などでかゆみがある場合、また咳をして止まらない場合など体調が悪く、体に不快感があるときなど不眠になる場合があります。
【無呼吸症候群】
上記の体調不良の部類に入るかもしれませんが、寝ているときに呼吸が止まることがあり、それにより目が覚めてしまったり熟睡できなかったりします。
上記二つが原因の場合はまず病気を治療することが大事です。

不眠症の原因とは?

不眠症の原因、生活面では?
【環境の変化】
旅行先で枕が変わって眠れないとか、海外旅行のとき時差ぼけで寝付きが悪いとか、環境の変化に伴い睡眠に問題がでることがあります。
夏の夜、暑すぎて眠れなかったり、照明が明るすぎて寝られなかったりするのも同じです。
【精神的な疾患】
うつ病など、精神的な疾患による不眠があります。うつ病の症状には不眠があげられるほど深く関係があります。対策する場合には心療内科など専門の医師に通うことをおすすめします。
【ストレス】
ストレスが溜まることによって不眠になる場合があります。
ストレスは悩みごとやイライラ、緊張などから引き起こされるもので、続くと不眠症になってしまう可能性があります。
上記のような分類では一つだけ該当する人もいるし、全部に該当する人もいます。症状は重なれば重なるほど重いと言っていいでしょう。
ほんの一例に過ぎませんが、該当する人で不眠症だと感じている方は専門の機関に行き、診断を受けることが早期対策の鍵になると思います。
このように不眠症の原因にはさまざまです。ご自分の症状、原因を理解した上で対処するようにしましょう。

不眠症の対策は?

原因となっている障害を取り除くことが必要ですが、ポイントは、交感神経と副交感神経のバランスのとり方が重要ではないでしょうか?
簡単に試してみられる対策については、続きをどうぞ!

  • 隠れ不眠症も含め、即効対策は?



  • ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

    スポンサードリンク

    不眠症とは!本当はよく知らないのでは?

    不眠症とは、睡眠障害の一種で慢性的に熟睡できなかったり、布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、朝までに何回も目が覚めたりするような症状が続いていることを指します。近年、不眠に関する悩みを持っている人が急増しているようです。不眠症で悩んでいる人はもちろん不眠症でなくても不眠に関する悩みを持っている人は多いでしょう。それくらい今、不眠とは問題視されているものなのかもしれません。



    ★管理運営者情報★
    iryou110ban*yahoo.co.jp
    *を@に換えてくださいね。

    ☆サイトマップ☆
    お役立ち情報

    ★サイトの説明★
    容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。