統合医療に使うフコイダンって?

スポンサードリンク

がん治療でフコイダンを利用した統合医療が注目されています。
フコイダンとは、海藻類に含まれる硫酸化多糖類で、ヌルヌルした成分のことです。
主な作用は抗腫瘍作用、コレステロール低下作用、血液凝固阻止作用、胃潰瘍治癒促進作用、肝機能向上作用、抗ウィルス作用、抗アレルギー作用、抗糖尿病作用などです。
フコイダンは、がんだけでなく、糖尿病、胃潰瘍、ヘルペス、高血圧、慢性肝炎、アトピー性皮膚炎などの多くの現代病の治療に役立ちます。

統合医療ってどうよ?

西洋医学に、伝統医療や代替医療などを組み合わせた医療体系が統合医療です。
最良の医療を分野の区別なく行うことを目的としています。
代替医療とは、西洋医学の領域に属さない療法の総称ですが、東洋医学をはじめ、アーユルヴェーダや鍼、灸、栄養療法、温熱療法や免疫療法など多くの種類があると言われます。
現在、西洋医学では解明が難しい病気も多くあります。
生活習慣病や、慢性疾患、または不眠症、うつ病、頭痛などの不定愁訴などです。
西洋医学では薬剤や手術で病気の原因を除去しますが、代替医療は自然治癒力や免疫力を高めたり、生活習慣の改善によって健康維持やストレス改善、病気の予防などを行います。

統合医療をがん治療に

がんは最も多い病気の一つです。
がん治療は大きく分けて、手術、薬、放射線の3つです。
手術は、がん細胞を直接切る方法ですが、がん細胞を残らず取ることは難しく、再発の危険もあり、体への負担がかなり大きい。
抗がん剤、放射線治療はがん細胞に毒を与えて消滅させますが、健康な細胞にも悪い影響が及ぶ可能性があります。
病状が悪化する場合もあり、体への大きな負担が避けられないのが実情です。

スポンサードリンク

フコイダンの働き?

フコイダンには、アポートシス作用、血液新生抑制作用、免疫力強化作用によってがんを抑える作用が明らかになっています。
フコイダンのアポートシス作用は、がん細胞だけに直接働き死滅するように導きます。
血液新生抑制作用は、勝手にがん細胞が血液を作り、がん細胞を増大させるのを抑制する作用です。
がんの進行を遅らせ、治療の可能性を高める効果があります。
免疫強化作用とは患者の免疫力を維持し、さらに向上させる作用です。
フコイダンのがん治療への適用は、抗がん剤や放射線療法の副作用を軽減し、体調や食欲を保ちながら、つらい化学療法を楽にする可能性があります。



★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。

☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
容量の関係で内容を十分に網羅できない場合があります。最新の有力情報の提供に努めますが、リンクも利用いただきお役立てください。