使い捨てコンタクトレンズの落とし穴(怖い感染症!)

スポンサードリンク

 コンタクトレンズで、失明する人がいます、怖いですよね。 なぜ失明?それはアカントアメーバ角膜炎などの感染症や角膜潰瘍が関係します。
目に異物感がある、黒目のまわりが充血し、物が見えにくい、まぶしいなどいった視力の低下を感じることがあります。 これ自体は、結膜炎程度の病気かもしれません。 でも症状が進むと、目の強い痛みで涙が止まらなくなってくる。こんなときは、アカントアメーバが悪さをしている可能性があります。

なぜ失明するの?

感染症、アカントアメーバ角膜炎や角膜潰瘍を起こすからです。 目に異物感を感じたり、黒目のまわりが充血し、物が見えにくいとか、まぶしいなどいった視力の低下を感じたとします。 これ自体は、結膜炎程度の病気かもしれません。 症状が進むと、目の強い痛みで涙が止まらなくなってくる。こうなると、アカントアメーバの可能性があります。
でも、医者に行っても、アカントアメーバと診断されないかもしれません。 「角膜へルベス」という病気に非常によく似ているので、専門の眼科医でも早期診断が難しいのです。 しかし、病気がさらに進んでくると、角膜に炎症が起きて白くはれてきます。さらに進行すると、角膜にリング状や円盤状の潰瘍ができてしまいます。 この段階でも治療しないで放置しておくと、最悪の場合は、角膜に穴があいて、失明してしまう。 治っても角膜に白い組織が残ることが多いので、視力障害という後遺症に悩まされることになる。 でも失明という最悪のケースが決して少なくないのです。

心配なことは?

 医者に行っても、アカントアメーバと診断されない場合があるかもしれません。 「角膜へルベス」という病気に非常によく似ているので、専門の眼科医でも早期診断が難しいことがあります。 しかし、病気がさらに進んでくると、角膜に炎症が起きて白くはれてきます。進行すると、角膜にリング状や円盤状の潰瘍を生じてしまいます。 この段階で治療しないで放置した場合、最悪の場合は、角膜に穴があいて、失明してしまう。 治っても角膜に白い組織が残ることが多いので、視力障害という後遺症に悩まされることになる。 そして失明という最悪のケースが決して少なくないのです。

なぜ?感染症に?

 免疫反応があるため、人間の臓器は簡単には他人に移植できません。 しかし、角膜は容易に移植できるのです。角膜には、それほど免疫がないのです。このことは、逆に言うと、細菌に抵抗できないということを意味します。 そんな角膜の上に、コンタクトを装用し、不潔なままにしておいたら一体どうなるでしょう。細菌やアメーバが繁殖し、眼に炎症を起こすのは、言うまでもごく当たり前の理屈です。



ほかに興味があればこちらもご覧ください。→☆関連情報☆

スポンサードリンク

コンタクトレンズをどうすればいいの?

コンタクトレンズをどうすればいいの?
アカントアメーバは、私たちの身のまわりに広く存在します。このため普通の日常生活でもアカントアメーバと接触するチヤンスは意外と多いのです。 ところが、角膜に少しでも傷があると、アカントアメーバが侵入します。コンタクトを装用している場合、角膜の表面に傷ができやすいのでさらに感染しやすくなるのです。 コンタクトレンズは正しく装用し、なおかつ眼科での定期健診をお勧めします。



★管理運営者情報★
iryou110ban*yahoo.co.jp
*を@に換えてくださいね。

☆サイトマップ☆
お役立ち情報

★サイトの説明★
役立つ情報の提供に努めます。
最新情報は、リンクにヒントがあることもありますので参考に!