子宮内膜症は怖い病気?Top >  子宮内膜症の原因 >  子宮内膜症の意味

スポンサードリンク

子宮内膜症の意味

子宮内には、子宮内膜という膜があって胎児にとってのベッドの役割をします。この子宮内膜が子宮の外にできてしまう病気が子宮内膜症です。病気と言っても、良性である場合が多く深刻に心配する必要はないとは思いますが、まれに悪性の場合もありますので注意が必要です。また放置してしまうと、不妊症の原因にもなる可能性があります。

自分は子宮内膜症だろうか?
最近生理のたびに生理痛がひどくなってきてはいませんか?腰痛や下腹部痛などもひどくありませんか?
可能性がありますので早めに診断を受けるようにした方がいいと思います。

子宮内膜症の原因は今現在特定されていないのが現状です。しかし子宮内膜は女性ホルモンが大きく関係しているのは間違いなく、内分泌代謝に影響するストレスも原因ではないだろうかという考えもあります。
最近の女性は発育が早く、初潮の時期が早かったりもします。その分生理の回数も多く子宮内膜の剥離を繰り返している回数も多いことになります。また結婚年齢が遅くなっているという今のライフスタイルの変化もこの病気を助長しているといえるかもしれません。


関連エントリー

子宮内膜症は怖い病気?Top >  子宮内膜症の原因 >  子宮内膜症の意味

子宮内膜症は怖い病気?Topへ