子宮内膜症は怖い病気?Top >  子宮内膜症の症状 >  子宮内膜症の内容について

スポンサードリンク

子宮内膜症の内容について

子宮内膜症の症状は子宮筋腫とよく似ていて子宮筋腫と診断される場合があります。
症状として最も一般的になのは月経のときに感じる痛みです。病気が進行するほど市販の鎮静剤が効かないほど痛みが強くなる場合があります。
日頃、月経のときに痛みを感じてなかった人がある年齢を境に感じるようになった、そして徐々に強くなっているなどの症状があれば子宮内膜症や子宮筋腫などの病気を疑ってみる必要があります。
月経の期間が長くなった、排便や性交時に痛みを感じるようになった場合も同様です。

子宮内膜症は女性ホルモンの働きによっても変わってきますが、比較的20代〜40代の女性に多く見られる病気です。女性ホルモンの働きが活発な場合、卵巣ホルモンが十分に分泌され、内膜組織が盛んに作られます。この年代がそうでしょう。卵巣の動きが悪くなると内膜組織も盛んに作られなくなるために症状も収まってくるようになります。
子宮以外のところに内膜組織ができた場合には考えなくてはなりません。月経時に出血した血や剥離された内膜組織が体外に排出されずに溜まりこれが炎症を起こして内膜症になるというわけです。


関連エントリー

子宮内膜症は怖い病気?Top >  子宮内膜症の症状 >  子宮内膜症の内容について

子宮内膜症は怖い病気?Topへ