いびきからの開放Top >  いびきと病気 >  昼間の睡魔

スポンサードリンク

昼間の睡魔

睡眠時無呼吸症がいかに恐ろしいか、いびきについて調べてみるとよく分かると思います。
昼間でも眠くなるとその疑いがあるなんて言われると、昼寝をする人は恐怖を感じます。
昼ご飯を食べた後の、15時頃に約30分程度の昼寝であれば、全く問題はないようです。
でも、昼の間中ずっと眠いという場合は話がかなり違ってきます。
いびきをかいて浅い眠りを何度も続けると、身体がだるく、スッキリしない日が続きます。
そのせいで、昼間も睡魔が襲ってきていることがあるのかもしれません。
昼間も睡魔が襲ってくると、仕事にも身が入らないし、突然の場合は運転中の交通事故などの心配もあります。
新幹線事故の報道で知って、睡眠時無呼吸症なのでは?、いびき防止の方法はないかと心配して専門医を尋ねる患者さんは多いようです。
いびきをかいていると本人に自覚がある場合は、睡眠時無呼吸症の検査が行われます。
また、いびきの悩みに加え昼間の眠気が以上な場合は、睡眠時反復検査が行われます。
これによって、過眠症と判断された場合には、昼間の眠気を抑える薬などが処方されます。
過眠症の場合は、また違った睡眠障害の治療となります。
このように専門医では、いろいろなタイプの睡眠障害のタイプにあった検査方法やいびき防止法が用意されています。
家庭療法を試してもいびきから解放されない方、またいびき防止法で悩んでいる場合は、早めに専門医の診察を受けるようにしましょう。
多くの専門医は予約制ですので、あらかじめ調べて行く事をお勧めします。


関連エントリー

いびきからの開放Top >  いびきと病気 >  昼間の睡魔

スポンサードリンク
商品が見つからない場合は、こちらから検索してください。 スペース区切りでキーワードを入れてください。