乳がんの間違った知識Top >  乳がん病院での検査 >  乳がんの超音波検査

スポンサードリンク

乳がんの超音波検査

乳がんの検査には超音波検査というものがあります。
妊娠中の乳がん
妊娠中でも乳がんになるということがあります。
妊娠中というのはエストロゲンという物質の分泌量が多くなります。このために乳がんになってしまった場合は進行が早まってしまうという可能性もあります。
男性でも乳がんになる可能性があるということも知らない人が多いのではないかな。

超音波検査の利点としては放射線にさらされる心配がないのでマンモグラフィよりは安心して受けることが出来るということです。
超音波検査のもうひとつの特徴ですが、乳腺が発達している若い女性の場合はマンモグラフィよりもしこりを発見しやすいことがあります。
被爆する心配が無いので何回でも検査を受けてもらうことも可能です。妊娠中の人が検査をするのにもいい方法だと思います。
マンモグラフィの検査は有効ですが、若くて乳腺の密度が高い場合に早期の石灰化を見つけることが難しいということが欠点として挙げられます。
その為にマンモグラフィと併用して検査を受けることが欠点をカバーし合って早期発見に繋がるのではないかと思います。


関連エントリー

乳がんの間違った知識Top >  乳がん病院での検査 >  乳がんの超音波検査

スポンサードリンク