乳がんの間違った知識Top >  乳がん病院での検査 >  乳がんのマンモグラフィ検査(触診だけでは無理)

スポンサードリンク

乳がんのマンモグラフィ検査(触診だけでは無理)

乳がんというのは女性特有のがんの一つで、誰でもなりたくない病気でしょう。
乳がんは早期発見、早期治療により治す確率が高いがんです。
病院で行う乳がんの検診方法には触診や視診というものがあります。
触診や視診だけでは乳がんを発見するのに十分な検査であるとは言えません。
しこりが人の手に触れるのは大きさが1センチ以上位にならないと無理です。
超音波検査やマンモグラフィという機械を使った検査を定期的にして早期発見が出来るよう心がけるようにしましょう。
マンモグラフィ検査というのは、ごく早期の石灰化になっている乳がんを発見することができる乳房のX線検査のことで乳がんの早期発見に大きな効果があると言われています。
マンモグラフィ検査は妊娠中の方は例外を除き受ける事が出来ないことになっています。
乳がんになる可能性が高くなってくる年齢になればなるほどマンモグラフィを受けた方がいいとすすめらますが、だいたい30歳頃が境かと思います。
若ければ若いほど乳腺の密度が高いのでマンモグラフィではしこりが発見されることが難しくなってきます。そういった場合には超音波検査という検査が有効だと言われています。
マンモグラフィは痛いというイメージがあることから受ける事を躊躇する人が多いと思います。昔は乳房を鉄板のようなものではさんでいたので痛かったと思いますが最近ではアクリル板のようなものではさむために昔のような痛みは無いというように思われます。
でも、痛みを軽減するために月経が終わった乳房の張りや痛みが少ない時期に行うのがいいのではないかと思います。


関連エントリー

乳がんの間違った知識Top >  乳がん病院での検査 >  乳がんのマンモグラフィ検査(触診だけでは無理)

スポンサードリンク