乳がんの間違った知識Top >  乳がん 早期発見 >  乳がんのことについて

スポンサードリンク

乳がんのことについて

乳房というのは乳汁を作っている小葉、乳汁を運ぶ乳管、乳汁を出す乳頭から構成されていて、これらを脂肪で全体的に包んでいる状態です。
乳房は女性のシンボル的な役割として肉体的・精神的にもとても重要です。
近年乳がんになってしまう女性が増加している傾向にあります。
乳がんは女性がかかりやすいがんの一つで、40代?50代の方が一番多くなりやすいと言われていますが、最近ではもっと若い人でも乳がんにかかる人が増えてきています。
日本人の乳がんの多くのケースの場合は非浸潤がんから浸潤がんに進行するという場合です。
最初は乳管の上皮組織にがんが発生し、それを覆っている基底膜という繊維の内側で広がります。これが非浸潤がんと言います。その状態から膜を破ってがんが増殖するように進行していくといった感じです。これが浸潤がんと言います。
基底膜を破る前の段階の非浸潤がんの段階で発見できれば治る確率も高いので、早期発見することがとても大切です。
乳がんの検査
乳がんというのは早期発見と、適切な処置で100%近い命を救うことが期待できます。病院に来る人の症状で多いものは乳房の痛みだそうです。その次に腫れ、違和感、しこり、分泌物という症状が挙げられるそうです。乳房の病気には乳がんのほかにも乳腺症や線維腺腫などというものもありますので、決して自己判断をして不安になりすぎたりしないようにしてください。
乳腺症の可能性として高い症状は生理の周期にあわせておこる乳房の腫れなどの症状です。病院に行ったら生理の周期や異常の有無などの問診をされ、次に視診と触診を行います。超音波検査やマンモグラフィなどで乳房内にあるしこりを見つけるような検査をします。
マンモグラフィとは乳房専用のX線撮影装置です。これを使って乳房を圧迫しX線撮影をします。


関連エントリー

乳がんの間違った知識Top >  乳がん 早期発見 >  乳がんのことについて

スポンサードリンク